シリコンバレーを支える医療機器イノベーションに関して

ビジネスの急成長を狙うだけが目的ではない医療機器イノベーション創出は、スタートアップにとって資金調達し易いか否かの議論はあまりされてはない。シリコンバレーから生まれる医療機器イノベーションを支えてきたのは、一体どのような重要プレーヤーが存在するのだろうか?

日本の地方に眠ってるだけではなく、全国、海外の医療機器イノベーションの一躍を担ってきた医療機器商社や、シリコンバレーでも医療機器スタートアップだけに投資をするベンチャーキャピタルが存在する。さらに、ライフサイエンス分野のスタートアップだけに投資するエンジェル協会も存在する。

医療機器メーカーの販売代理店プラスアルファのメンテナンスにOEMや独自の研究開発を進めてきた株式会社モリワカという会社が山口県下関にある。1972年の創業以来、地域に根ざした徹底した医療機器の販売後のアフターフォロー、メンテナンスを軸にビジネスを地域医療に貢献してきた。大手メーカーが直ぐに東京や広島、福岡から山口は下関エリアに来れないという課題を解決するべく、痒い所に手が届くをモットーに営業だけではなく、エンジニアによるメンテナンスは地元の医療従事者様に重宝されており、46年の月日を経て信頼を築いてきた。

医療、福祉施設に必要なすべての医療器械、医療消耗品、福祉機器、リハビリ機器などを販売、レンタル、メンテナンス、OEM開発、大学と共同研究開発などを行なってます。

株式会社モリワカ (Moriwaka Medical) Facebookページ

また、創業以来22年、シリコンバレーに、Synergy Venturesというベンチャーキャピタルがある。これまで、シリコンバレーにあるイノベーティブな医療機器スタートアップに投資をしてきて多くの実績がある。通常は、2500万円から1億円のアーリーシード投資をしている。

LPは、なんと日本の大手医療機器メーカーをはじめ、大企業が殆どであるから、実際に医療機器スタートアップへの関節投資を通して、大きくシリコンバレーとの関わりが22年ある企業も存在する。

日本から医療機器イノベーション創出するためには、人材教育が極めて重要であり、そこから多くのスタートアップを作っていくことが必要である。それには時間とお金が必要であり、日本の危機を思い、急速な手立てとして、日本の大企業とSynergy Veturesの橋渡しをすることも必要だと思い、私はベンチャーパートナーとなった。

Synergy Ventures ホームページ

さらに、CBインサイト2014によれば、米国No.1のエンジェル投資家協会として知名度共に、シリコンバレーのインナーサークルのチャンピオンのLife Science Angelsの存在は極めて重要である。すでにスタートアップをエグジットして成功した起業家が、その経験を携えて、再び起業したり、インキュベーターやベンチャー・. キャピタルなどを立ち上げたり、エンジェル投資家になったりするケースがシリコンバレーでは多数見られる。

Life Science Angelsのメンバーは現在130名に及び、90%のメンバーは、ライフサイエンス系の大企業エグゼクティブ経験、もしくは自分で立ち上げたスタートアップを成功させた経験がある。夫婦でエンジェル投資をしてるメンバーもいることには驚いた。このような夫婦は日本ではまだあまり見たことはない。

米国No.1の投資実績を誇る Life Science Angelsのディナーピッチパーティー in シリコンバレー。投資した医療系スタートアップは、この十年間で、23ものエグジットを生み出している。

何が言いたいのかというと、この日本にとって、シリコンバレーをどのように活用すれば良いのかという答えが見え始めている。

それは、本日4つのキープレーヤーの存在をあげたが、シリコンバレーの医療機器スタートアップに存在するベンチャーキャピタル、そこに投資する日本の大企業LP、また、ライフサイエンス分野に投資するエンジェル投資家協会、さらに、日本国内の地方にあるメンテナンスが出来る医療機器代理店の存在だ。

日本からイノベーションを起こすことも大事だが、日本の大企業がシリコンバレーのスタートアップへの投資だけではなく、バイアウトを活発的に行うことが今後の日本がグローバル展開並びに急速にシェア拡大を獲得する手立てとなるだろう。ここの議論と準備を急速に我が国は行わなくてはならない。

日本とシリコンバレーを繋ぎ、世界をマーケットに、医療機器イノベーション創出を目論むことで、世界中の人々のより健やかな人生に貢献が出来ると信じております。ぜひご協業、ご協力、皆さま宜しくお願いいたします。

シリコンバレーから東京に滞在しておりますので、4月中は医療機器ビジネス、スタートアップのサポート、講演などについてのミーティングは受け付けております。

銀座では、世界をよくするグローバルイノベーターを生み出すGIP (Global Innovator Program)も私塾で行なっております。

ハーバードイノベーションラボ初代所長のトニーワグナー氏によれば、イノベーター教育に必要なのは3つのPです。それは、Play (遊び)、 Passion(情熱)、Purpose(目的)です。私たち3名のアクセラレーターは、日本と世界を繋ぎ世界を良くするグローバルイノベーターを生み出すべく、約3ヶ月で20回以上の講義を行なっております。ただいま、4期生の募集中ですので、ぜひお気軽にお問い合わせ下さい。ただ起業するだけではなく、世界を一緒によくしたい方、いつでもお声がけください。

 

また、私自身もシリコンバレーのグーグルやFacebook本社を辞めたアメリカ人エンジニアとオンラインインキューベーター #StartupFire を作ってる最中ですので、私たちのスタートアップに興味を持ってくださる方もぜひ応援宜しくお願いいたします。

世界最大のスタートアップW杯 ツアーのお知らせ(日本語)

【シリコンバレーの著名人が大集合:スタートアップワールドカップ決勝戦】

シリコンバレーの業界著名人が大集合する、スタートアップワールドカップ決勝戦が2018年5月11日(金)にサンフランシスコで開催されます!イベント前半では、以下の豪華スピーカーが登壇することになりました。

・Cisco 元CEO兼会長 ジョン・チェンバース
・サン・マイクロシステムズ 創業者 ビノッド・コースラ
・Siri 共同創業者 アダム・チェイヤー
・Netflix 共同創業者 マーク・ランドルフ
・Tesla Motors 元CIO ジェイ・ヴィジャヤン
・Yahoo 元CEO マリッサ・メイヤー (打診中)

イベント後半では、世界30地域の代表スタートアップが投資賞金約1億円をかけてピッチを行います。日本代表のセブンドリーマーズラボラトリーズも参戦して他の強豪29社と戦いますので、皆さん是非応援にかけつけて下さい!昨年の世界チャンピオンに輝いた日本代表のユニファのように、今年も日本代表の世界優勝となるか、歴史的な瞬間に是非お立ち会い下さい!

観戦チケットはこちら: http://www.startupworldcup.io/grand-finale-2018
近畿日本ツーリスト企画の観戦ツアーはこちら: http://biz.knt.co.jp/tour/2018/05/swc2018/

  • ★シリコンバレーで最先端のイノベーションを肌で体感。
  • ★現地スタートアップ企業のプレゼンテーションを聴けるチャンス(Aコース)
  • ★講師をお招きし、シリコンバレーでのビジネスモデルについて学べるワークショップを行います。(Aコース)
  • ★ツアー参加者は、イベントチケットの割引あり。

日本語でのお申し込みはこちらをクリックください

締め切りは4月6日となっておりますのでお早めにお申し込みお願いいたします。

Redcarpet

I was invited to Redcarpet -Teamz Business Summit at Sheraton Hotel in Tokyo on 23rd of March.

I participated with our great investor, startup CEO, artists friends.

There were many participants from around the world, it was great party for networking for building innovation eco-system. Thank you Teamz for organizing two-days events.

 

Advisor Opportunity

「advisor opportunity」
Please join #StartupFire to support startups around the world. Your knowledge, experience, network will help startups. Apply now here.

 

「アドバイザーリー 募集」
サンフランシスコのスタートアップ #StartupFire では、世界中のアドバイザーとスタートアップをAIによって瞬時にマッチングして、スタートアップの経営相談を受けれるサービスを開発してます。世界を一緒に良くするイノベーティブなスタートアップを支援したいアドバイザーの方々は、こちらからご登録下さい。

 

Global Blockchain Forum: Disruptions, Investment Strategies & Transformations in the Blockchain Economy

Global Blockchain Forum: Disruptions, Investment Strategies & Transformations in the Blockchain Economy

2 Days, 1000+ Attendees, 70+ Speakers, 50+ Companies, 100+ Partners

WHY ATTEND?

  • Meet blockchain innovators, founders, investors, executives, entrepreneurs
  • Gain in-depth industry insights from innovators and experts
  • Get connect to investors & investment opportunities
  • Learn transformation strategies for blockchain economy
  • Attend pitch competition to hear latest innovations

 

If you are not learning about #blockchain disruption, you should. Learn from the experts at #GBFORUM April 2-3

-> Get VIP tickets with 50% off promo code “LXM50” at: https://bit.ly/2pKo4Km

#blockchaintechnology #financialinclusion #socialimpact #changetheworld

 

 

Interview with Mr. Sergey Samusev, Co-Founder of Startup Embassy

Interview with Mr. SergeySamusev, Co-Founder of Startup Embassy

1. Thank you very much for your time and contributing to Startup Community in Silicon Valley, please tell about your background.

My name is Sergey, and I’m a co-founder of Startup Embassy. I’ve studied economics and business at university, and have worked in digital advertising and business operations at Google for past 7.5 years, both in Europe and in Silicon Valley. I’ve also had some startup projects of my own, they were my best lessons so far. My co-founder, Carlos, was a telecommunications engineer in Spain, and later became a tech entrepreneur and moved to Silicon Valley. We both met at Startup Embassy, which was at that time also his own office and home.

2. Please explain your project and how did you started Startup Embassay?

It started with a failure, like many things in Silicon Valley. In 2011, my co-founder came to Silicon Valley from Spain to run his startup. To save on rent, he started sharing the house with other entrepreneurs. His startup failed a year later, but his house was full of entrepreneurs following their dreams. This is how he found himself running a ‘Hacker House’, which he named Startup Embassy. A couple years later, after hundreds of guests went through the house, Carlos started to notice that some founders started to get good business traction. That’s when he realized that what he was doing something bigger than just running a house with 4 bedrooms.

3. What is unique about your Startup Embassy?

I like to think it’s the culture inside. You’re always surrounded by like-minded motivated entrepreneurs who are willing to help and inspire each other. This matters a lot to people who’re here to build their companies. And we do everything to support them and to make sure they feel at home. Most people remain good friends long after they leave the place.

4. What kind of entrepreneurs live there?

We’re open to any entrepreneurs working on innovative and unique ideas. There’s a range of entrepreneurs we host – some are just playing with their first idea, some had past success and now building their next thing. Most of them are of course tech based, since this is Silicon Valley. Our guests come from variety of countries and have very diverse backgrounds and experience. This helps to ensure that everyone can learn something new and useful from each other.

5. Why Palo Alto?

You shouldn’t be asking this question you know 😉 Ok, within 10 mins walk you have people who founded and leading Facebook, Apple, Google, as well as founders and investors of the hottest startups out there. Stanford campus is 20 mins walk. San Francisco has even more startups, but we’re just a 1 hour away by train, and weather in Palo Alto is much better 🙂 I recommend Steve Blank’s guide to get a better sense of different parts of Silicon Valley: https://steveblank.com/visitors-guide.

6. How do you get so many entrepreneurs from around the world? Whats the ambassador system?

Most founders who stay once come back, and they also help to spread the word. But of course new founders also find us through social media, search, press, and things like that.

We review every application and only accept people working on startups or something very venture in nature. After our guests leave, they become our alumni (we call them ‘ambassadors’) and continue having access to the community. Since we’re still not very big, most ambassadors we know personally and we’re always happy to see them and and introduce people to each other whenever we can. Our ambassadors also keep in touch and help each other back in their home cities.

7. How do you make money?

Today we charge our guests per night for their stay. Our prices are much cheaper than any hotels in the area, since our guests sleep in shared bedrooms. But the benefit is that they have a fully equipped kitchen, office space and living room, laundry – all open 24/7. Our WiFi works everywhere too and you can walk to most places in Palo Alto in minutes. But our model is still evolving and we’re experimenting with a number of new ideas and services in the future. Our goal is to always stay affordable for early stage founders and provide value to startup community.

8. How do you help startups?

Besides providing them with a place that feels like home and has the right culture, we don’t promise anything else. But people who are doing the right thing here can get so much more. First, our guests and broader community support each other. You can always ask person sitting next to you or just message people in a slack channel, and you’ll have someone reaching out to you. Our team also spends time with all our guests, and if we see a way to help them with feedback, ideas or connections in the valley, we always do. And sometimes stories like this happen: https://vimeo.com/240656341.

Blockchain meetup at night at Startup Embassy

9. What’s your vision?

We’re building a 2nd home for entrepreneurs with HQ in Silicon Valley, that involves both specific physical environment and community inside. We’re only in Palo Alto today, but I think in the future this is something that can scale to every large startup ecosystem out there.

10. Please write a message to your potential strategic partners in Silicon Valley or another cities around the world.

If your mission is to support entrepreneurs in your country and help founders get on a global stage, we’d love to hear from you and see you visit us in Palo Alto.

Let me us a quote from late Stephen Hawking, whose life and work are a huge inspiration for me personally and many entrepreneurs I know:

 

Be curious, and however difficult life may seem, there is always something you can do, and succeed at. It matters that you don’t just give up.

Startup Embassy on Social Media

Instagram 

Facebook

 

AI NEXTCon Silicon Valley ’18

4-days, 50+ tech lead speakers, 60+ tech talks, 6 workshop/code labs. presented by engineering teams from Microsoft Amazon Uber Airbnb Pinterest Google Facebook Twitter Linkedin, Nvidia, Intel, etc… The NEXTCon is one of premium tech events specially geared to tech engineers, developers, data scientists, and machine learning engineers. has attracted more than 300 tech lead speakers, 5000+ tech engineers attending and more than 30 sponsors (like Microsoft, Amazon, Uber, Oracle, eBay, OfferUp, Google, IBM, AI2, Zillow, Alibaba, Huawei, DiDi, and more).

visit website for all 50+ speakers and schedules

Website: http://aisv18.xnextcon.com

Date:

  • hands-on workshop: 4/10-11th, 2018 (Tue and Wed)
  • Main Conferece: 4/12-13th, 2018 (Thu and Fri)

Tracks:

The conference features thoughtful tech leaders keynote in the morning and breakout tracks tech talks in the afternoon:

  • Computer Vision
  • Speech&NLP
  • Machine Learning
  • Deep Learning
  • Data Science & Analytics

Speakers:

Attendees: 800+ software engineers, developers, data scientists, machine learning engineers.

  • Jeff Dean, Senior Fellow, Google
  • Jure Leskovec, Chief Scientist, Pinterest
  • Rajat Monga, Engineering director, Google Brain
  • Chris Moody, Manager of AI, Stitch Fix
  • Joe Xie, Tech Lead, Twitter
  • Sunil Mallya, Senior engineer, AWS Deep Learning
  • Manohar Paluri, Senior research scientist, Facebook
  • Yuandong Tian, Research Scientist and Manger, Facebook
  • Martin Gorner, Engineer, Google
  • Jeremy Hermann, Head of Machine Learning, Uber
  • Sarah Aerni, Director of Einstein, Salesforce
  • Romer Rosales, Director of AI, LinkedIn
  • Nikhil Dandekar, Engineering Manager, Quora
  • Avneesh Saluja, Research Scientist, Airbnb
  • Francois Chollet, Keras Author, Google
  • more..

visit the conference website for all speakers and schedules.

Ticket Type/Price:

*Ticket type and price are subject to change without notice. all rights reserved.

BUY TICKETS HERE on Eventbrite

Refund Policy:

  • Tickets are refundable until 3/1/2018. After 3/1/2018, all ticket sales are FINAL.
  • Tickets are transferable to anyone else.

Discount:

  • Group discount (10% off for 5+ tickets, 15% off for 10+ tickets). you must purchase all tickets at one transaction. contact us for the code.
  • Students, non-profit org employees qualify for the following discounted price: $119 for one day conference pass OR $199 for two days conference pass (thu&fri). No discount for other type of tickets. use discount code: studentnpo. note: valid student or employee id/proof required at checkin.
  • “NEXTCon sharing program”: help to share and promote NEXTCon, you can get more discount up to free tickets, contact us for details.
  • Contact: billisme@gmail.com, admin@atiglobal.org

AI tech learning community:

One of largest tech communities in Seattle and Silicon valley, focusing on promoting AI technology, through tech talks, workshops, networking, training, and large tech conferences. With 20000+ engineers, developers, data scientists in the group, and have hosted 100+ small tech meetups, workshops, hackathons, and large tech conferences.

  • AI meetup Silicon Valley: https://www.meetup.com/aiclouddatasv/
  • AI online learning and practicing group with AI news, tech articles, video tutorials, AI trainings: http://eepurl.com/cpuXxn
  • All NEXTCon around the world: http://www.xnextcon.com
  • Twitter: @atiglobalorg

Teamz Business Summit at Tokyo University

Hi, everyone, i hope this finds you all well and happy. Since i came back to Japan from Silicon Valley last week, i have been really busy of traveling to give a talks ad lectures around Japan, including Ginza, Saitama, Fukuoka.

Likewise, im honored to be invited to many startup events in Tokyo as being VIP guest with #StartupFire Family. Today, #StartupFire Family and i are attending in Teamz Business Summit at Tokyo University.


■ What is TEAMZ BUSINESS SUMMIT?
TEAMZ BUSINESS SUMMIT connects exceptional Startups with top Investors from Japan, China, and The United States and around the world.

■TEAMZ BUSINESS SUMMIT will be held twice a year and include a large number of stakeholders from all over the globe, including not only Investors but Startups, Entrepreneurs, Media, Management and University students. With the aim of financing, creating business alliances and network expansion in September 2017, the last pitch session was held at Toranomon Hills Forum and the red carpet event at the Shangri-La Hotel in Tokyo, 200 participants from over 20 countries attended this summit.

■Opinions of the participants from the last summit.
https://youtu.be/-VJPy-laPdA

■The focus of this pitch session of TEAMZ BUSINESS SUMMIT will be on three main areas:

• IS THERE A “SCIENTIFICALLY-PROVEN WAY” FOR JAPANESE ENTREPRENEURS TO SUCCEED IN THE GLOBAL?
• WHAT CAN I SEE THE POTENTIAL ABOUT JAPANESE STARTUPS ANIS UZZAMAN (CEO OF FENOX VENTURE CAPITAL)
• HOW TO COMBINE JAPAN, CHINA AND US’S POWER TO MAKE AN INTERNATIONAL STARTUPS ECOSYSTEM

■Participating Investors:

• Anis Uzzaman, Fenox Venture Capital, General Partner & CEO

• Nick Yang Ning, Founder of LEBOX CAPITAL
Chairman of the Chinese Young Angel Investor Association

• Timothy Sykes, Angel Investor Founder of TIMOTHY SYKES FOUNDATION

• Toshitada Nagumo, CEO of Fenox Japan

• Javin Tan, Angel investor
President of Malaysia Creative and Cultural Business Industries Association (MCCIS)

• Fuyuki Yamaguchi, Senior Advisor of Mistletoe, Managing Partner of Abies Ventures

• Di Wu, Venture Capital Specialist Chief executive of Dawn Capital.

■Participating company’s information:

Ten companies
The companies have their origins in Japan, China, America, Germany and France.
Field of speciality: Fin-tech, Blockchain, HR-tech, AI, IoT, Sharing Economy, BigData

■Participants
-Entrepreneurs, Startups
-Companies which want funds and overseas resources
-Who are interested in Entrepreneurship
-Who want to build a successful global business
-Who want to hear global startups’ pitch& advice from investors
-Students who want understand the global environment and want to be an entrepreneur

Opening greetings

TEAMZ, Inc. CEO Tianyu Yang

 The Deputy Director at Ministry of economy trade and industry Kojiro Haneda 経済産業省 経済産業政策局 畑田 康二郎

Investor greetings from Misletoe Fuyuki Yamaguchi

Investor Greetings from Fenox Venture Capital Japan CEO Toshitada Nagumo

Startup CEO Pitch:  Many Blockchain startups, this startup is called as Seven Dreamers Laboratories CEO Shin Sakane

Torus Tatsuki Nambara, LeBox Capital Nick Ning Yang, WeWork Chris Hill

Fenox Venture Capital CEO Anis Uzzaman

Startup World Cup Chairman

WEFABRIC CEO Tsuyohi Fukuya, Mistletoe Senior Advisor Fuyuki Yamaguchi, LUFT Holdings CEO Tatsuki Nambara, #StartupFire CEO John Kojiro Moriwaka

Group photo

Tomorrow on 23rd of March, we are also attending in TEAMZ Redcarpet (日本や海外からの投資家、経営者、大手企業役員、著名人、メディアが集結!) atShangri-La Hotel, Tokyo.

#StartupFire 関連プロモーション イベント 

* #StartupFire Family の皆さまには特別イベントご招待や割引もございます。ご連絡お待ちしております。

3月22日 東京大学:Teamz Business Summit

3月22日 虎ノ門ヒロズカフェ:Venture Café Tokyo Opening Night

3月23日 東京 シャングリラホテル: Teamz Redcarpet

3月28日 東京 ダイアゴナルラン: 起業の科学〜スタートアップを成功に導く10の極意〜

3月28日29日 東京 ビッグサイト:Slush Tokyo

日中米の投資家、スタートアップが集結!Teamz Business Summit at Tokyo University日英同時通訳付き

東京大学で盛大に開催されてますTEAZ BUSINESS SUMMITにVIP招待して頂いて、#StartupFire Familyの家族たちと参加させて頂いております。

■イベント概要
日中米をはじめ世界のトップ投資家と素晴らしいスタートアップをつなげる場です。多数の投資家、スタートアップ、起業家・経営者、メディア、学生が世界から参加します。

■イベント開催の目的
資金調達、ビジネス提携、ネットワークの拡大を目的として開催しています。

■参加する投資家情報

・ANIS UZZAMAN (アニス・ウッザマン)
Fenox Veture Capital、共同代表パートナー & CEO

・ニック楊寧
LeBox Capital創業者・中国青年天使会名誉会長・陝西省商工会議所副会長・Top 20中国投資家

・Timothy Sykes
エンジェル投資家ティモシー・サイクス財団創設者

・名雲俊忠
Fenox Veture Capital Japan CEO

・JAVIN TAN
エンジェル投資家・マレーシア文化創造産業商工会会長(MCCIS)

・山口冬樹
Mistletoeのシニア・アドバイザー
Abies Venturesのマネージング・パートナー

・吳迪 Di Wu
ベンチャーキャピタリスト Dawn Capital CEO

(投資家情報更新中)

■参加する企業情報
企業数:10社
国:日本・中国・アメリカ・ドイツ・フランス (更新中
企業(傾向): Fin-tech, Blockchain, HR-tech, AI, IoT, Sharing Economy, BigData

■前回開催について
2017年9月のサミットでは、東京の虎ノ門ヒルズフォーラムでピッチセッション、シャングリ・ラ ホテル東京でレッドカーペットネットワーキングを開催し
約20ヶ国200名の方が参加されました。

参加企業数:25社
参加投資家数:9名
資金調達交渉中:5社
前回開催した資金調達予定の企業名や投資額などは公開していないので、
こちらは開示できません。

■前回参加した企業、投資家の感想

企業の感想:
日本にいながら、素晴らしい投資家の前で直接自社について聞いてもらえるのは
本当に良いチャンス。世界の投資家からグローバルな視点で評価される機会はなかなかない。

参加した企業の感想ビデオ:
https://youtu.be/-VJPy-laPdA

■投資家の感想:
日本をはじめアジアのスタートアップに出会える機会がほとんどないので、
この様なサミットに参加し直接話を聞けるのは価値がある
ただ、日本のスタートアップのピッチレベルは更に上げる必要がある。

日本医工学治療学会にて講演

3月18日、日本医工学治療学会(大宮:埼玉県)で特別講演させて頂きました。

講演タイトル:シリコンバレーのヘルスケアイノベーション最新動向と今後の日本に必要な医療系スタートアップの作り方

今回お招きしたのは、株式会社シリコンバレーベンチャーズの代表取締役社長(兼) CEOとしてでしたが、元々、医療機器イノベーション創出のため、株式会社モリワカの専務取締役(兼) CIOとして、自らも医療デバイスの開発や販売も行なっております。

また、シリコンバレーのライフサイエンス系スタートアップ企業に投資しているLife Science Angelsや、医療機器スタートアップ企業に投資するベンチャーキャピタルSynergy Venturesの話などもさせて頂きました。

アドバイザーとスタートアップを繋ぐ世界最大のオンラインインキュベーターを目指す#StartupFireをサンフランシスコで起業しました

株式会社モリワカと九州工業大学で、医療デバイスを開発し、医療イノベーション創出を目指している

シリコンバレーのイノベーションのエコシステムの解説

日本とシリコンバレーを繋ぎ、医療機器イノベーション創出を加速するUS-Japan MedTech Frontiers

シリコンバレーの医療イノベーションの10のトレンドについて解説

1.Next-Generation DNA Sequencing (NGS)

Next-Generation DNA Sequencing (NGS) has made it possible to sequence a human genome at an incredibly low cost, vastly expanding the potential applications of genomics in cancer diagnostics, pathogen identification, forensic human identification and genetic disease diagnosis.

次世代シーケンシング(NGS)

-大幅なコストダウン

-がん診断

-病原体検出

-法医学人物同定

-遺伝子病をDNAのレベルで診断できる

2. 3D-printed devices

Lower-cost and highly customized medical technology products that can be tailored to suit the physiological needs of individual patients

3Dプリンターによって低価格かつカスタマイズされた個人患者向けの医療機器が出来る

3.Immunotherapy

Treatments with the potential to significantly extend survival for cancer patients, without the negative side effects and related health care costs of traditional chemotherapy

免疫療法で癌患者を救う

4. Artificial intelligence

The ability of computers to think like and complete tasks currently performed by humans with greater speed, accuracy, and lower resource utilization

人工知能活用によるメリット

-スピード

-正確性

-低資源利用

5. Point-of-care diagnostics

Allow for convenient, timely testing at the point of care (e.g., physician office, ambulance, home, or hospital), resulting in faster, more cohesive patient care

患者の検体(sample)試験を病院外の試験専門施設に持ち出さずに治療現場で診断/検査結果を出す技術や装置

6. Leveraging social media to improve patient experience

Tapping data from social media and online communities to give health care organizations the ability to track consumer experience and population health trends in real-time

SNSやオンラインの購買経歴により患者の健康状態が予測可能が高まる

7. Virtual Reality (VR)

Simulated environments that could accelerate behavior change in patients in a way that is safer, more convenient, and more accessible

VR✖ヘルスケアの応用

(1)疾患体験

(2)治療

(3)医療情報の可視化

(4)介護

(5)フィットネス

8. Biosensors and trackers

Technology-enabled activity trackers, monitors, and sensors incorporated into clothing, accessories, and devices that allow consumers and clinicians to easily monitor health

インフォームドコンセントに応用でき、患者自身がモニタリングできる

9. Convenient care

Retail clinics and urgent care centers that provide more convenient and lower-cost care to patients for a number of health issues

ドラッグストアで予防接種が受けられる

10. Telehealth                                                                                                                                           

A more convenient way for consumers to access and increase self-care while potentially reducing office visits and travel time; may also prevent complications and emergency room visits

遠隔地への医療サービスの提供を可能にする新たな技術は「テレヘルス」と総称され、医療サービス提供のモデルに大きな変化をもたらしている。テレヘルスの中でも、医療現場で最も 差し迫ったニーズがあるのは、消費者が「オンデマンド」で信頼できる医療従事者へのアクセスを可能にするテレメディシンである。 テレメディシンは、いつでもどこでも医療を受けることができ、 医療サービスの提供手段を完全に分散化させ、医療従事者側における限界を取り払い、リソースとコストを最適化するという価値の提案を指すことにする。

 

 

今回、お誘いしてくださった医師の同志、小林氏(日本医工学治療学会  事務局長) から講演の後に、感謝状を頂きました。こちらこそ、素晴らしい機会を与えて下さり、感謝致しております。

私の講演のまとめ

  • シリコンバレーのイノベーションエコシステムの仕組みを理解し、どのようにシリコンバレーと協業するかが成功の鍵となる
  • シリコンバレーのエコシステムには、スタートアップを支えるエンジェル投資家、VC、弁護士、コンサルタントが多くいる
  • ライフサイエンスのエンジェル投資グループのサポートをする医師や研究者が多数いる
  • スタンフォードをはじめ、デザインファームや未来予測研究が盛んである
  • シリコンバレーでは、アクセラレーターやインキュベーターが盛んである
  • シリコンバレーではヘルステックイベントも盛んである=>日本でもヘルステックHealth2.0や、US-Japan MedTech FrontiersのMedical Device Innovationイベントがアメリカ大使館などで毎年行われているので、ぜひご参加頂けると幸いです
  • グローバルチームやグローバルビジネスをサポート可能なメンターが必要である

 

#StartupFire 関連プロモーション イベント 

* #StartupFire Family の皆さまには特別イベントご招待や割引もございます。ご連絡お待ちしております。

3月21日 銀座:GIP (Global Innovator Program)

3月22日 東京大学:Teamz Business Summit

3月23日 東京 シャングリラホテル: Teamz Redcarpet

3月28日 東京 ダイアゴナルラン: 起業の科学〜スタートアップを成功に導く10の極意〜

3月28日29日 東京 ビッグサイト:Slush Tokyo 

30 QUESTIONS INVESTORS ASK DURING FUNDRAISING

30 QUESTIONS INVESTORS ASK DURING FUNDRAISING

by Alex Iskold · in Fundraising, Startup Advice, Venture Capital 

1. Who are your customers, and what problem are you solving for them?

Investors are looking for a simple and clear answer of who you are selling to. They are also looking to understand how clearly you know the pain point, and how big of a problem it is for the customers. This question also opens up a conversation about founder/market fit, as well as helps investors think about the size of the opportunity.

2. What is unique about your solution? What is your unique insight?

Investors want to understand how you are proposing to solve the problem, but more importantly, they are trying to determine whether you have a unique insight. Has anyone else thought about this before? How is it different from other solutions? Do you have a secret? Seriously, investors want to know this because the more differentiated you are the more defensible the business might become in the future.

3. How does your product actually work?

Investors naturally want to see the demo of your product, because a demo is worth a thousand words. A lot of investors want to fund product-obsessed founders; founders who get lost in the details of the product, founders who are super thoughtful and nerdy about features they build, and really understand customer needs. Always show your product to investors with an awesome demo.

4. What are your KPIs? How do you measure growth? How do you know you have product/market fit?

What numbers do you use to drive the business? Lack of clarity or hesitation is a major red flag for investors. If you as a founder arent clear about your metrics or are not measuring the right things, investors wont believe that you can grow the business. Investors want to make sure you understand and measure your conversion and sales funnels, activation, retention, magic moment, churn, CAC, LTV, etc. Investors want to know how you think about KPIs. They will look at your dashboard and will want to understand how you think about growth. They will likely dig in to how you think about attaining product/market fit as well.

5. What is your traction to date?

The question of traction is really two-fold. Of course, investors will first want to know about your traction. But secondly, and more importantly, they will want to understand how you define traction. Many founders mistake progress or effort for traction. On the other hand, investors think of traction as revenue and paying customers or significant growth in weekly and monthly active users.

6. What is the size of this opportunity/total addressable market?

How big is your market? This is a question that matters to a lot of investors. Why? Because VCs economics force them to only focus on very large markets. VCs look for big markets with lots of money so that when they own 20% of your business on exit, they come away with a meaningful enough amount to return all, or at least a sizable portion, of their fund. Otherwise, they dont make money.

In addition, investors expect founders to size up the accessible market, and do the calculation bottom up. Too many founders say they are operating in billion-plus markets without realizing that, because of their business model, they cant be addressed. Spend time sizing up your actual addressable market using your pricing and growth projections.

7. What are your CAC and LTV?

This is another typical question that investors ask founders during each round of financing to establish how fluent they are in the business. In the early days, founders are expected to know the terms, and have an idea of what the numbers are, but its fine to say that you are early, and the numbers are likely to change in the future (typically, CAC goes up and LTV goes down).

The CAC conversation leads to the conversation about channels, marketing, and advertising spend. If you are B2B company with direct sales, you will talk about cost of sales, and how it will change at scale.

Life-time value of the customer is equally important. How long does it take to pay back the amount it cost to acquire this customer? How much money will you make on the average customer? The LTV conversation touches on churn and revenue per customer, and enables investors to understand how you think about your whole customer lifecycle.

8. What is your business model?

Naturally, investors want to understand how you make money. They want to know who your customers are, and how you are planning to charge them. This question combines not just pricing, but strategy and tactics as well. If you make money indirectly, via advertising, investors would then focus on how you acquire customers. If you are a marketplace, the conversation turns to whether you are going after supply or demand and the incentives to be on the platform. What will be the expected average revenue per user? Will you have recurring revenue? All these questions get explored when investors ask about your business model.

9. How did you come up with your pricing?

This is probably a less common question in the early stage, but it is an important one. Investors are looking for you to demonstrate that youve done customer research and competitor research. They are also looking for you to acknowledge that you are early and the pricing is likely to change. In addition, if you are currently free or have a free tier, investors will look to understand when you are planning to get rid of it and what will be the implications.

10. What are your unit economics?

Unit economics give an inductive case for your business. For example, a unit for Uber would be either one ride or one driver, depending on how you model it. The key thing in unit economics analysis is to capture all associated costs and revenues and then see if you are actually making money. Some startups have poor unit economics initially and say they will optimize costs later. Many investors, however, are now wary of this approach because as you scale, new challenges and new, unforeseen costs may arise.

11. What is your go-to-market strategy?

The go-to-market strategy question is a really important one and often is misunderstood. Investors ask this typically when founders say that their product works for everyone. Investors are skeptical, as experience says that focusing on a vertical or a segment is typically better. For example, if you are building developer tools, you could initially focus on freelancers and individual developers. Then once the product is solid, you can move upstream to mid and large enterprises. Tesla had the opposite strategy. It first made a high-end car and has since been moving downstream.

You can also focus on a specific vertical. For example, if you are a security software provider, you can first focus on insurance companies or law enforcement agencies. Having a focus narrows down the opportunity but allows you to really perfect the product and sales. When talking about your go-to-market, investors are really looking to understand your strategy and why you think it will work.

12. What are your customer acquisition and distribution channels?

How are you planning to acquire customers? In the consumer world you have paid and unpaid means. You can advertise or you can use content marketing, social channels, and word of mouth. Investors want to understand how deeply you understand your channels. The challenge is that most obvious channels often do not really work or arent cost effective. That is, when you start, your CAC via Google or Facebook ads is just too high. Investors are looking to understand if you have figured out a growth hack or have an insight on how to acquire customers quickly and efficiently.

In the B2B world, investors want to know if you have an unfair advantage, like youve worked in the space before and have a rich rolodex. They are looking to understand if you are able to secure key partnerships that can help you distribute the product faster and win the market faster.

13. Why now?

This is a question that often goes unasked but is certainly on the investors mind. Timing is everything, and really understanding why now is the time for your company to win is important. The VC industry is full of examples where a product or service was too early or too late and as a result didnt work or didnt get as big as it otherwise could. Before Facebook there was Friendster, before Google there was Alta Vista. Even Uber wasnt the first company to think of on-demand rides, nor was AirBnB the first company to let people host others in their apartments.

Before the current wave of VR and AI, there were at least three other waves. Why do we believe now is different? Why do we believe now it will actually happen? Some argue that we finally have enough cheap computing power and have evolved other key technologies necessary for VR and AI to go mainstream. When investors are asking, Why now,” they are really asking about conditions of the market, context, state of society—dozens of factors that will make a difference between success or failure this time around.

14. Why you? What is YOUR Founder/Market Fit?

Weve written here before about the importance of Founder/Market Fit and most investors pay close attention to it. Investors dont want to fund accidental founders. They want to fund people with deep domain expertise, massive vision, and passion. Investors want to get to the bottom of why you started the business, and whether you have unique insight and unfair advantage.

15. Where did you grow up? Where did you go to school and work before?

In addition to understanding if you know the space, investors want to understand if you are resilient and smart. The question about where you grew up is really a question about how hard you have had to fight through your life to get to where you are. If you grew up in a well-to-do family where you didnt have to struggle, investors may not be as excited about funding you compared to, lets say, an immigrant. There are no hard and fast rules of course, but the environment you grow up in often defines your level of resilience. When things get difficult, and they always do, will you walk away? When you get knocked down, will you get up?

When asked where you went to school, people look to see if you went to a top school, what you studied and what you learned. Sometimes, this conversation leads to a common connection. Sometimes it is just a starting point for learning more about you. Investors are looking to assess your level of intellectual curiosity and honesty.

16. How did you meet your co-founders?

This is another interesting question that doesnt have a clear-cut, right answer, but is telling to investors. If you say you met your co-founders at a hackathon three months ago, what you are saying is that you dont really know each other well. Investors may think that the connection between you isnt solid. If you are saying that you have been friends since high school, investors know that you trust each other. However, they also know that you havent worked together. Friends dont always make the best business partners and startups have ruined thousands of friendships.

Most likely, investors are looking to hear that you worked together before, ideally in another startup and ideally for a while. This would imply that you get along socially, but more importantly, that you can make things together under the stressful environment called a startup.

17. Who are your competitors and how are you different?

Weve written here before how to think about competition. Investors are looking to understand how knowledgable you are about competitors and what is different. If you say you dont have competition or if you bad-mouth the competition, it is a red flag. Simply acknowledge competitors, and highlight what they are doing well. Explain how you are different and why.

18. What is your vision, your true North?

Some founders stumble on this question and this is a red flag for investors, particularly for VCs who want to back founders with a big vision. What do your want your company to be in ten years? This question reveals not only how you think about the business long term, but whether you plan for it to exist for a decade or more. If your plan is to sell quick, you wont have a broad long-tem vision.

Similarly, a question about your true North is an important one. It reveals what you arent willing to compromise on. Great companies are always flexible on their path, but not flexible on the destination.

19. What milestones will you achieve with this financing?

We touched on this topic in our How Much Capital Should you Raise post. This topic is complex and founders often approach it with naiveté. A typical answer might be expressed in terms of specific product milestones and scaling of the team. This is not what investors are looking for. They want to understand tangible business milestones you will reach with the capital you are given.

There are really two outcomes investors are looking for—either profitability, which is very rare in early-stage startups, or the follow-on financing. That is, investors are asking if you will be fundable again once you get funding, execute, and then hit specific milestones. For example, if your plan says you raise $1MM, and then grow 20% MoM to achieve $40K MRR in twelve months, to you this may sound great, but to investors it is clear that it will not be enough to raise series A.

It makes sense to really think through your milestones and where you want to land and why.

20. How much will you be burning in a month?

This is a pretty straightforward question that follows from your financial model. A few things to pay attention to: a) Your HR costs should be roughly 70K-100K per head, b) investors will look for clarity around advertising spend—in the early days, before strong product/market fit, you should not be spending a lot of money to acquire customers, and c) investors will look for any outliers; anything that jumps out as out of the ordinary or unusual.

21. What will be your MoM growth in customers and revenue?

This is another straightforward question based on your financial model. As a startup, you need to make a growth assumption. The trick is that you dont have a ton of historical data to back it up. Whatever data you do have, include it in the model and explain it, because it helps establish credibility. Also, avoid using a cookie-cutter 20% MoM year-round growth assumption, as it may come across as sloppy. Really think through seasonality, and other factors that may influence your growth. Do your customers pay you right away or not? Does your cash in the door trail booked revenue? Reflect all the nuances in the model and your revenue forecast.

22. When will you be profitable?

Historically, many of the best startups have reinvested their revenues into the business and sacrificed profitability in favor of growth. Since the financing market has become tighter, profitability is fashionable again. Becoming profitable is important for many reasons, but the main one is that it allows you to become self-sufficient and control your destiny. When you are profitable, you are no longer in need of external capital in order to survive. Investors are looking to understand how you think about profitability, and tie this to the conversation about your burn and the need for follow-on financing.

23. Why is your business defensible?

VCs want to know what happens to your business over time. Assuming you can get a lift off, investors want to know what will happen in year five, and year ten. Why? Because this is a typical horizon over which more successful startups go public or get acquired for a significant return. Long-term defensibility is difficult to predict. Thats why many investors look for natural monopolies, winner-take-all markets, and businesses with network effects. This is a complex and important topic that is less likely to be top of mind for the founders, but is certainly something investors are paying a lot of attention to.

24. What is your intellectual property?

If you are a startup that is creating new technology, investors want to know about your IP. Are there things here that can be patented? What is the true innovation in your business? While software patents havent been effective in recent years, depending on the type of your business and depending on what kind of investors you are talking to, IP can be an important topic.

25. What is your tech stack?

This question will be particularly relevant for startups that are working in AI, VR, dev tools, and other areas that require deep tech. Some investors, particularly technical ones, will want to nerd out with you on your stack.

26. What are the key risks in your business?

This is one of the hardest questions investors will ask you—why might you fail? This question is a probe for a) how you think about risks in your business, b) do you acknowledge risks, and most importantly, c) are you self-aware and intellectually honest? Great founders bring up and face risks head on. They dont try to shove them under the rug and ignore them.

Risks range vastly from building incorrect products, to the market not being there, to the falling apart of a key distribution deal. Whatever it is, be prepared to talk about risks and show that youve been thinking about them deeply yourself.

27. Who is the natural acquirer for your business?

Investors arent likely to ask you this question, but they will certainly think about it. Investors are putting money into your business to make more money, and historically, since the IPO market is tight, most successful companies are acquired. Although you may have no current plans to sell your company, it is good to think about who might in the future and why.

28. How much capital did you raise so far, and on what terms?

This is a simple question—just tell investors exactly how much you raised, and whether you did it on the note, or via equity. Dont stumble or hesitate, because that could be a red flag.

29. Who are your existing investors?

This is another straightforward question.

30. How much capital are you raising and what are the terms?

You should have clarity on how much you are raising based on the financial model. Depending on where you are in the fundraising process, you may not have

the terms set yet. If you dont have the terms set, then just say so; investors will completely understand.

And now, please tell us what we missed. Share the questions that investors asked you during your fundraising conversations.

 

投資家が資金調達の際に聞く30の質問

資金調達がいかに複雑で、時には混乱するプロセスかを何度か綴っていますが、効率よく資金調達をするためには事前の準備が必要不可欠です。事前準備では投資家の種類や調達したい額はもちろん、投資家のパイプラインを作るのも重要です。

1. 顧客は誰で、彼らのどのような悩みを解決するつもりなのか?
投資家はあなたが誰に価値を提供するつもりなのかを簡潔な答えで求めています。また、彼らはあなたがどれだけ明確にユーザーのペインポイント(悩み)を理解しているかを見ており、その上で悩みの重大さも投資の際の判断材料としています。この質問は起業家・市場フィットの話につながるものでもあり、投資家にあなたのビジネスの可能性を考えさせるいいきっかけになります。

2. あなたの解決案のどこがユニークなのか?あなた独自の考察とは?
投資家はあなたがどのようにしてユーザーの悩みを解決するかだけではなく、むしろそれ以上にあなたに独自の考察があるかを見極めようとしています。他にあなたの解決案を以前思いついた人はいるだろうか?既存の解決案とどう違うのか?あなただけの秘密を持っているだろうか?

投資家はあなたのビジネスが将来どれだけ競争に耐えうるかを知るため、これらの質問の答えを渇望しています。

3. あなたの製品は具体的にどのように機能するのか?
投資家は必然的にあなたの製品のデモをみたがります。なぜなら一文は百閒にしかずだからです。投資家の多くは製品オタクを支援したがります。製品オタクとは、製品の細部を熱烈に語れる起業家のことで、製品の特徴やユーザーのニーズを理解している人を指します。常に投資家に素晴らしいデモを見せられるよう努力しましょう。

4. あなたのビジネスのKPIは?どのように成長を図っているか?どうやってご自分のプロダクトがマーケットに合っているか判断しているか?

あなたは経営判断をする際にどのような指標を見ていますか?この質問に明確な回答を即答できないのは投資家にとっては赤信号同然です。もし創業者のあなたが経営指標を持っていなかったり、誤った指標を見ている場合、投資家としてはスタートアップの可能性を疑わざるえません。投資家はあなたがコンバージョン率やセールスファネル、ユーザーの獲得、維持、マジック・モーメント、離脱率、ユーザー獲得費用、顧客生涯価値等を理解しており、測っているかを知りたいのです。彼らはあなたの測量標を見た上で投資しうるかを考えます。また、彼らはおそらくどのようにあなたが製品・市場のフィットをどう捉えているかも理解しようとします。

5. 今に至るまでのトラクションは?
これは実は二重の質問になっています。もちろん投資家はあなたの今までのトラクションを知ろうとしています。しかしそれに加え、彼らはあなたがトラクションをどう定義しているかも見ています。多くの起業家はトラクションを進展や努力と勘違いしていますが、投資家にとってのトラクションとは売上や有料ユーザー、アクティブ・ユーザーの増加と捉えています。

6. このオポテュニティー(機会)の規模・獲得可能な市場は?
あなたのビジネスにとっての市場規模はいくらくらいだろうか?これは多くの投資家にとって重要な質問です。それはなぜか?ベンチャーキャピタルは運営上大きな市場規模を追い求めるスタートアップにしか投資できないからです。ベンチャーキャピタルはあなたのビジネスの20%と引き換えに投資をすることが多いので、潤沢な資金が集まる大きな市場を目指しているスタートアップでないと元が取れなのです。

さらに、投資家は起業家にボトムアップで市場規模を計算することを期待しています。多くの起業家は「自分は何10億ドルの市場にいる」と主張しますが、ボトムアップで計算するとそうではないことが一目でわかります。実際の市場規模がどの程度のものなのかを価格や成長予想からしっかりと計算しましょう。

7. あなたの顧客獲得コストや顧客生涯価値はいくらだろうか?
これもよく投資家が各ラウンドで起業家の理解を測るためにする質問です。初期の段階でも起業家はこれらの知識を持っていることを期待されますが、これらの数字は今後変化するものとして捉えられています(通常は顧客獲得コストが上がり、顧客生涯価値が下がっていきます)。

顧客獲得コストはチャンネル、マーケティング、営業コストの話に繋がります。もしあなたのビジネスが直接売上のあるB2Bのスタートアップの場合、会話はおのずと営業コストと今後どう変化するかについてのものになるでしょう。

顧客生涯価値も顧客獲得コストと同等に大切です。顧客獲得にかかったコストをどれくらいで取り返せるだろうか?平均的なユーザーにつきどの程度の売上が見込めるだろうか?顧客生涯価値の会話は離脱率や顧客ごとの売上の話とつながっており、あなたがどのようにユーザーのライフサイクルを捉えているかを判断する材料になります。

8. あなたのビジネスモデルについて教えてください
当然、投資家はあなたがどのようにして売上を出しているのかを知りたがります。彼らはあなたの顧客が誰であり、顧客からどのように売上を立てているのか知りたいのです。この質問は価格設定だけではなく、経営戦略と戦術の質問でもあります。もしあなたのビジネスが間接的に広告収入で売上を出しているのであれば、投資家はあなたがどのようにユーザーを獲得しているのかに質問を絞ります。もしあなたのビジネスがプラットフォーム型なのであれば、質問はあなたが需要と供給のどちらを追求しており、どのようなインセンティブ・モデルを考えているかが焦点になります。ユーザーごとに期待できる平均売上はいくらだろうか?それは継続した売上になりうるだろうか?投資家がビジネスモデルについて聞く際、これらのような質問の答えを探しています。

9. どのようにして現在の価格設定に落ち着いたのだろうか?
こちらは他に比べ比較的稀な質問かもしれませんが、重要な質問でもあります。投資家はあなたにユーザーや競合について念入りに調べたことを証明して欲しいのです。また、あなたのビジネスがまだ初期段階であり、今後価格設定が変わる可能性を理解している柔軟さも求めています。もしあなたのビジネスが無料、もしくは無料ユーザーがいる場合、投資家は今後どのようにこれらを排除し売上を伸ばせるかを考えています。

10. あなたのビジネスにとっての経済単位は?
経済単位はあなたのビジネスにとって帰納的な役割を果たします。例えば、UBERにとっての1単位は使用するモデルにより1旅か1運転手になります。経済単位の分析にとって重要なのは関連する売上と費用を含むことおであり、その上でビジネスが利益を出しているかです。スタートアップによっては厳しい利益率に直面しており、これらの創業者は「後で費用を抑える」と言い訳をします。しかし、スタートアップが成長するにつれて新たな課題に直面し、むしろ費用がかさむことが多々あるため、多くの投資家はこの返答に懐疑的です。

11. あなたの市場参入戦略は?

市場参入戦略の質問はとても重要なものですが、多くの企業家が勘違いしてしまうものでもあります。この質問は起業家が「我々の製品は誰にでも向いているものです」と主張する際に飛んでくるものですが、投資家というのは懐疑的な集団であり、経験上特定のセグメント絞ることの大切さを理解しています。例えばもしあなたがデベロッパーのためのツールを作っている場合、まずはフリーランスや個人デベロッパーに焦点を当ててみてもいいかもしれません。次に製品の内容が固まった後、より上流の大手企業に進出するのが妥当でしょう。Teslaはこれの逆を行い、まずハイエンドの車を作った上で大衆車の製品化を試みました。

市場参入戦略ではセグメントではなく、特定の垂直な市場に絞るのも一つの手です。例えばもしあなたの会社がセキュリティソフトの制作会社であれば、まずは保険業界や政府系にまず注力するのがいいかもしれません。垂直な市場に絞ることで市場は狭まりますが、逆にその産業に特化した製品と営業戦略を作ることが可能です。投資家が市場参入戦略について質問をする場合、彼らはあなたがしっかりと根拠のある戦略を持っているかを判断しようとしています。

12. あなたのユーザー獲得・流通チャンネルについて教えてください
あなたはどのようにユーザーを獲得しようと考えていますか?消費者の世界では費用がかかるユーザー獲得方法と費用がかからない方法があります。有料な手法として広告を打つことも可能ですが、同時にお金がかからない方法としてコンテントマーケティング、ソーシャルメディアでの拡散、WoM(口づてでの拡散)が挙げられます。投資家はあなたがこれらのチャンネルについてどれだけ熟知しているのかをこの質問で判断しようとしています。マーケティングの難しいところは一番理論的な答えが実は効果が薄かったり、非効率だったりすることです。これは起業当初にかかるGoogle ads Facebook ads の費用が高すぎることなどが例として挙げられます。投資家はあなたがグロース・ハックの仕組みを見出した、もしくは効率よくユーザーを獲得するユニークな手法を持っているかを知りたがっています。

B2Bの世界ではあなたがその業界で職務経験があるかや、強い繋がりを有しているかなど、あなた本人の資質が直接問われています。投資家はあなたが製品の普及を競合よりも有利に進めるための業務提携をするためのネットワークを持っているかを問いています。

13. なぜ今?
この質問はあまり聞かれませんが必ず投資家の頭の中にはよぎる質問です。スタートアップはタイミングが全てであり、あなたのビジネスに適しているのが今であるという確証を彼らはもとめています。VCの業界では早すぎたり遅すぎたりで失敗するビジネスは日常茶飯事です。Facebookの前にはFriendsterがありましたし、Googleの前にはAlta Vistaがありました。Uberでさえもオンデマンド・ライドの発案者ではありませんし、AirBnBにも先駆者がいました。

現在のVRAIの流行が来る前に、少なくとも似たような流行が3度はありました。ではなぜ、今度は違うと言い切れるのでしょうか?多くの起業家はやっとVRAIが主流になるための技術的基盤が整ったと主張しています。投資家が「なぜ今?」と質問する場合は、今度こそ成功するという確信を市場の動向、技術的基盤、社会のニーズ等、様々な角度から答える必要があります。

14. なぜあなたなのか?あなたの創業者/マーケットフィットは?
上記でも触れましたが多くの投資家は創業者と市場のフィット(相性)を重視しています。投資家は偶然成功する一発屋は探しておらず、深い専門性、大きなヴィジョン、そして情熱を持った起業家を求めています。彼らはあなたがなぜこのビジネスを始めようと思ったかを深堀りしますし、あなたの起業家としての比較優位性を判断しようとしています。

15. 生い立ちや学歴・職歴など、あなた今までについて教えてください。
投資家はあなたの業界の知見に加え、あなたの賢さや打たれ強さを知りたがっています。この質問はあなたが今までの人生でどこまで努力してきたかを測るためのものです。もしあなたが裕福な生い立ちで苦労なく今の立場にたどり着いたのであれば、逆境の人生を歩んできた移民のような人に投資したがるかもしれません。もちろん一概にいえませんが、人は生い立ちで打たれ強さがある程度決まるところがあります。もしあなたがスタートアップで逆境に直面した際(逆境は必ず訪れます)、あなたはそれに立ち向かうことができるでしょうか?倒された時も立ち上がることができますでしょうか?

投資家があなたの学歴について聞く際はあなたが有名大学に行ったか、そこで何を勉強し学んだかを知ろうとしています。これは時に投資家とあなたの共通点を探すためのものであり、時にあなたの知的好奇心や素直さをみようとしています。

16. コーファウンダーにはどのようにして出会いましたか?
こちらも明確な正解がない質問の一つですが、投資家にあなたのスタートアップの裏にあるストーリーを知ってもらういい機会です。もしあなたがコーファウンダーと3ヶ月前にハッカソンで会ったと伝えてしまえば、彼らは二人の関係が浅いもので信頼関係が構築されていないと考えます。逆にあなたがコーファウンダーと高校来の親友であると伝えれば、信頼関係はあるが一緒に仕事をした仲ではないと考えます。無二の親友が無二のコーファウンダーになる例は少なく、過去に共に起業したことで友人を失った話は枚挙にいとまがありません。

投資家にとって理想的な回答は、信頼関係の構築されている同僚であることです。一緒に働いていたのがスタートアップであればなお良いでしょう。これはスタートアップという様々な困難が待ち構えている環境に共に立ち向えることを示しているからです。

17. あなたの競合はどこで、あなたは彼らとどう違いますか?
以前こちらに競合についてどう考えるべきかを書きましたが、投資家はこの質問であなたがライバルについてどれだけ知っているかを判断しようとしています。もしあなたが「競合はいない」と答えたり、相手のことを悪く言うとこれは赤信号です。まずは完結に競合の存在を認め、彼らの秀でている点を述べましょう。次にあなたのビジネスがライバルとどう違い、なぜ違うのかを説明しましょう。

18. あなたのビジョン、北極星はなんですか?
起業家によってはこの質問につまずくことがあり、投資家はこれを赤信号と捉えます。特にあなたのビジョンが壮大なものであればなおさらです。あなたの会社の10年後の将来像はありますか?この質問はあなたが長期的な目線で会社を見ているかだけではなく、そもそも10年以上存続させるつもりがあるかも見定めています。もしあなたが短期で売却つもりなら、ここでボロが出てしまうでしょう。

同様に、あなたにとっての北極星を問う質問も重要です。この質問はあなたが譲れないものを見極めるためのものです。成功する会社は進路は柔軟に決めますが、目的地は定まっています。

19. この資金調達でどのようなマイルストーン(目標)が達成されますか?
こちらについてはいくら資金調達をするべきかで触れましたが、多くの起業家が曖昧な答えをする質問です。典型的なのはチームの増員や製品に関するマイルストーンですが、投資家が求めているのはより具体的なビジネスにおけるマイルストーンです。

この質問を聞く際、投資家が求めているのは利益(アーリーステージではなかなか難しいですが)か追加資金調達のどちらかです。つまり、投資家はこの資金調達を通じて次のステージにいくだけのマイルストーンを達成しうるかを判断しようとしています。例えばあなたの事業計画が$100万の資金調達を目指しており、12ヶ月で月刊経常収益$4万を達成するために月間成長率20%を目指しているとします。あなたにとっては充分な内容かもしれませんが、投資家彼みればシリーズAの資金調達をすることができないのは明白です。

この質問はあなたにどこになぜマイルストーンを定めるのかを考える機会になるのではないでしょうか。

20. 月間資本燃焼率はいくらですか?
こちらはあなたのファイナンシャル・モデルについての簡潔な質問です。この質問を答える際に気にかけるべきは以下の3点です。まず、人件費は一人当たり$7~$10万程度です。次にアーリステージのスタートアップに対して投資家はまず製品と市場がフィットしているかを見極めようとし、マーケティング費用について厳しく追求します。むしろユーザー獲得に多くのお金をかけるべきではありません。最後に投資家は通常とは異なる費用について追求するでしょう。

21. ユーザー数と売上の月間成長率の予測を教えてください。
こちらもあなたのファイナンシャル・モデルに関する簡潔な質問です。スタートアップとして成長予測を立てるの非常に重要です。問題は予測の根拠とできるデータが限られていることにあります。あるデータは全てモデルに組み込み、説明することで信憑性を高めましょう。また、定型の月間成長率20%モデルは初心者用なので避けましょう。季節などあなたのビジネスを影響しうる全ての要素を加味したモデルを作ることが重要です。ユーザーはどれくらいでお金を払うようになるのか?会計上時差が発生しないか?このような細かい情報もモデルに反映させましょう。

22. いつ黒字化しますか?
数年前までは多くのスタートアップが利益よりも成長を優先し、売上を再投資していました。しかし、経済の雲行きが怪しくなったこともあり、ここ数年投資家は利益を重視するようになっています。黒字化するのは様々な意味で大切なことですが、あなたにとって一番大事なのは自分の運命を自分で決められるということです。黒字化すればあなたは外部の資本に頼らず会社を運営することができます。投資家はこの質問を通じてあなたが黒字化についてどのように考えているかを見極めようとしています。また、この質問は資本燃焼率や追加増資につながるものでもあります。

23. あなたのビジネスは競合に耐えられますか?
ベンチャーキャピタルはあなたの企業の長期的な成長を願っています。目先の利益が上げられたとしても、5年、10年後はどうなっているでしょうか?長期的成長を予想するのはとても難しいものです。それもあって、投資家は自然な独占市場やネットワーク効果があるビジネスを求めています。この質問は複雑であまり聞かれませんんが、投資家が間違いなく気にかけている点の一つです。

24. あなたが有している知的財産について教えてください。
もしあなたのスタートアップが新しいテクノロジーを開発しているのであれば、投資家はあなたがもっているであろう知的財産について興味を示します。あなたの技術で特許を申請できるものはあるだろうか?あなたのビジネスの中で真に革新的なのはなんだろうか?近年ソフトウェア関連の特許は芳しい成果を出していませんが、あなたのビジネスの内容や投資家によっては知的財産は相変わらず重要なトピックです。

25. あなたのスタートアップで使用しているソフトウェアやプログラミング言語について教えてください
この質問はAIAR、開発ツールなど、深い専門技術が必要なスタートアップにとって重要な質問です。投資家、特にSEあがりの投資家はあなたの使用言語について根掘り葉掘り聞いてきます。

26. あなたの会社にとって大きいリスクについて教えてください
何がうまくいかなければあなたは失敗するだろうか?これは投資家が聞く中でもっとも難しい質問の1つです。この質問は以下の3点について考えるためのものです。まず、あなたがリスクのことをどう考えているか。次に、リスクの存在を認めるか。そして、これらに関して自覚を持っており、素直に受け止められるか。成功を収める起業家はリスクを自ら話題に出し、これらを真っ向から迎え撃ちます。リスクを無視して隠そうとするのは避けるべきです。

リスクはユーザーのニーズにあっていない製品を作ってしまったり、市場が存在しなかったり、要となる案件が通らなかったりと様々です。リスクがなんであれ、投資家の前でそれを話しどうやって抑えるかを日々考えていることを証明しましょう。

27. あなたのスタートアップを買収する企業があるとすればどこになると思いますか?
投資家が真っ向からこの質問をすることはまれですが、間違いなく頭の中では考えていることの1つです。投資家は利益を上げるために投資をするのであり、IPO市場が厳しい現状、多くの成功したスタートアップは他社の買収されます。アーリステージだと自分の会社を売ることなど想像できないかもしれませんが、考え始めるに越したことはありません。

28. 今までどのような条件の資金調達を行いましたか?
これはよく聞かれる簡単な質問です。素直に投資家に今まで調達した額と株式、コンバーチブル・ノートどちらで受け取ったかを伝えましょう。変につまずいたり躊躇するのは投資家にとっては赤信号です。

29. 現在あなたに投資している投資家について教えてください。
28と同様、単純明快な質問です。

30. どのような条件でいくらの資金調達を目指していますか?
ファイナンシャル・モデルからどれだけ資金調達をする必要があるのかは明確なはずです。資金調達の初期段階の場合、条件はまだ定まっていないかもしれません。そういう場合は素直にまだわからないと伝えましょう。投資家も理解してくれます。

Link:
https://alexiskold.net/…/30-questions-investors-ask-during…/

#StartupFire 関連プロモーション イベント 

* #StartupFire Family の皆さまには特別イベントご招待や割引もございます。ご連絡お待ちしております。

3月21日 銀座:GIP (Global Innovator Program)

3月22日 東京大学:Teamz Business Summit

3月23日 東京 シャングリラホテル: Teamz Redcarpet

3月28日 東京 ダイアゴナルラン: 起業の科学〜スタートアップを成功に導く10の極意〜

3月28日29日 東京 ビッグサイト:Slush Tokyo